【Kei式】「息子の合格のため、母親が計画した」を英語で。(so that 対 because)独占

【Kei式】「息子の合格のため、母親が計画した」を英語で。(so that 対 because)の表紙
著者
iikawakei
ジャンル
教育
ページ数
5ページ
公開日
2013-06-30
人気
11ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
【Kei式】「息子の合格のため、母親が計画した」を英語で。(so that 対 because)



●Wrong grammar!

The mom made a plan because her son can pass the test.


この文は、


「『息子のテスト合格のために、母親が計画を立てた』」


というとき、生徒さんがよく書かれるタイプの英訳文です。 結論からいうと


間違っています。 because または その後の文が。


では、一体 because のどこが間違っているのでしょうか?

矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらからお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問