【Kei式】英語の発音の法則独占

【Kei式】英語の発音の法則の表紙
著者
iikawakei
ジャンル
教育
ページ数
5ページ
公開日
2013-01-31
人気
12ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
【Kei式】英語の発音の法則

皆さんが英語を発音する時、どのように発音していますか? 例えば、lastとlust、work と walk、farther と further などなど・・・ 日本人のみならず、英語圏以外の国民にとっては非常に難しい発音です。 多くの人達はその時の「運」に任せて「通じたらラッキー!」と適当に発音してる人も多いように思えます。

非英語圏の人達は英語の発音をマスターするために、いろんな工夫をします。 Rを全て「巻き舌」で発音したり、Lは全て「前歯の後ろ」に舌先をつける。 Thは全て舌を噛む、と習ったはずなのに、なぜかTheは「ザ」、Theyは「ゼイ」。 Workを「ワーク」、Walkを「ウォーク」。 以上挙げたものは全てちょっと間違ってますね!

英語には日本語のような決まった発音の規則がない、と思っている人も多いでしょう。 しかし実はあるのです。 それは発音記号をおぼえる、といった類のものではありません。 違う発音記号でも、実際はほぼ同じ発音だったり、実用会話では違ったりなど、むしろ発音記号が「妨げ」になることすら多々あるのです。

次の発音の法則を習得すれば、今までのアテズッポの発音から、もっと自信を持った発音、そして自信を持った会話に変わっていくことは間違いありません。 では、どうぞ!
http://www.mag2.com/m/0001549491.html
【Kei式】英語の発音の法則の立ち読みページ


矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらから続きをお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問