【Kei式】英語の語源と使い分けhabit・practice・custom(習慣)ventureとadventure

【Kei式】英語の語源と使い分けhabit・practice・custom(習慣)ventureとadventureの表紙
著者
iikawakei
ジャンル
教育
ページ数
3ページ
公開日
2013-03-03
人気
22ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
英単語を覚えるには大きく分けて3つのやり方があります。

1.単語を丸暗記する。
2.文脈から単語を理解し、覚えていく。
3.語源を用いて覚えていく。

1. 単語丸暗記する。
絶対にお勧めできません。 ただガムシャラに英単語を丸暗記するのは大変な労力を使い、余り面白くもありません。 しかも、何年かしたら忘れてしまいます。 丸暗記している人は、即座にやり方を変えないと、大変な時間を無駄にしてしまいます。


2.文脈から単語を理解し、覚えていく。
このやり方はとても効果的です。 しかし、重要な問題が幾つか発生します。 一つはある程度の読解力が付いてからでないと、このやり方は難しい、ということ。 全く読めない時期から、無理に文脈から理解しようとしても非常に難しいです。

もう一つの問題点は、仮に文脈が掴めたとしても、誤解した解釈である可能性が高い、ということ。 これは日本人が日本語を覚える段階でも起こることですね。 「『正しい』と思い込んで使っていた単語や表現が実は間違っていた」等、母国語でも解釈を間違えるものなのに、外国語でなら尚更その可能性は高いです。


3.語源を用いて覚えていく。
これが最良の単語を覚えるやり方でしょう。 そして「2.文脈から単語を理解し、覚えていく」とを組合わせながらやっていくのが、尚良いのは間違いありません。 このやり方ならば何年経っても忘れませんし、仮に忘れたとしても、再度思い出すことが簡単です。


では、語源をつかって、楽しく、効果的に英語の単語をおぼえていきましょう。

今回はhabit・practice・custom(習慣)の使い分け方、そしてventureとadventureの違いについてです!

この無料レポートを読んだ人のレビュー

  • ★★★  By eliezo / 2013-03-03
    日本語では1つの漢字「習慣」でも、英語だと様々な単語があてはまります。それらは、どのようなときに使うのか?を語源から理解する方法が紹介されています。

矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらからお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問