【Kei式】英語のBe動詞の機能・・・なんとなく使ってたBe動詞独占

【Kei式】英語のBe動詞の機能・・・なんとなく使ってたBe動詞の表紙
著者
iikawakei
ジャンル
教育
ページ数
5ページ
公開日
2013-01-31
人気
20ポイント
この無料レポート(電子書籍)をはてなブックマークに追加
■僕が今まで採点をした中で、一番多い大きな誤りが動詞に関係する事項。 その動詞の誤りの中でも一番多いのが、Be動詞に関係する事項です。

なぜ、Be動詞に関する誤りが一番多いのか? 一番の理由はBe動詞が一番多く用いられているからです! 自動車の多い所では自動車事故が多いのと同様に、Be動詞が多い英語ではBe動詞の誤りが多いのです。 当然ですね。

よってあまりにBe動詞が多いため、「Be動詞をつけるとなんとなく英語っぽく聞こえるかなぁ」とばかりに、意味もなくBe動詞をつける人が多いようです。

Be動詞に関する誤りで一般的に考えられるのが、 “am” “are” “is” “was” “were” “been”などを混同すること。 しかし、一番重大な誤りがあります。 それはBe動詞が必要な時にBe動詞を抜いたり、Be動詞を書いてはいけない時にBe動詞を書いたりすることです。

Be動詞があるのとないのでは、全く意味が通じなかったり、全く正反対の意味に誤解されたり、その他考えもしない方向で誤解されることがあります。 Be動詞とは必要な時に使うだけで、必要でない時は使ってはいけません。 不必要な時に使っては、かえって悪影響を及ぼす… つまり、Be動詞とはいわゆる「薬」のようなものですね!

では、どんな時に使わなければいけないのか、主なBe動詞の機能を挙げていきたいと思います。
【Kei式】英語のBe動詞の機能・・・なんとなく使ってたBe動詞の立ち読みページ


矢印 この無料レポート(電子書籍)は、こちらから続きをお読みいただけます。

お名前 メールアドレス
同意事項

通常ご利用のメールアドレスではなく、
購読専用のフリーアドレスの利用をおすすめします。
(推奨説明はコチラ)


購読条件


注意事項

  • ご入力いただいた個人情報は、上記記載の各メルマガの個人情報保護方針、及び MUB株式会社の個人情報保護方針 に基づき管理されます。
  • ご入力いただいた個人情報は、上部記載の各メルマガの送付先として使用いたします。個人情報の開示、訂正、削除については、各メルマガに記載された窓口にてご相談、ないしは記載された方法にて、ご自身で行ってください(当方での代行はいたしません)。
  • この電子書籍の内容について、違法性を含む、説明と内容が一致しない等の問題がございました場合は、こちらより当社にご連絡願います。
プライバシーポリシー

このページの先頭へ

MUB株式会社 |  無料レポートスタンド「スゴワザ」 |  プライバシーポリシー |  推奨環境 |  要望受付、お問い合わせ |  よくあるご質問